English/ホーム
計算ナノ科学

研究 -Mission-

 ナノスケールの時空間を舞台とする様々な現象を計算機を駆使して理論的に解明します。メンバーは量子力学と統計力学の堅固な基礎を背景に未知のナノ現象に取り組むと共に、新しい手法の開発も積極的に行います。

学際性 -Interdisciplinarity-

 ナノサイエンスは従来の自然科学の諸分野が交差する地点に一大大陸を形成し、そのフロンティアは勢いよく拡大しています。計算ナノ科学では、物性科学、分子科学、非平衡科学が交わる学問領域を主にその射程としています。

画像の解説

トピック

2編の研究成果論文が、掲載受理されました。

Indra Pardede, Daiki Yoshikawa, Tomosato Kanagawa, Nurul Ikhsan, Itsuki Murata, Masao Obata, Tatsuki Oda, Anatomy of large perpendicular magnetic anisotropy in free-standing Co/Ni(111) multilayer, J. Magn. Magn. Mater., 500, 166357 (2020), DOI: https://doi.org/10.1016/j.jmmm.2019.166357

Afrioni Roma Rio, Indra Pardede, Achmad Maulana Gani, Mega Christivana, Masao Obata, and Tatsuki Oda, Density functional approach under external magnetic field, J. Phys. Soc. Jpn., accepted for publication on 23th January 2020, DOI: https://journals.jps.jp/journal/jpsj

小幡正雄助教の研究成果「電気分極変化を利用した磁気的性質の不揮発的な制御に成功」が大学のWebサイト「Paper of the Month (2019.11)」で紹介されました。是非下記のURLをご覧ください。
◆Papers of the Month(日本語):http://o-fsi.w3.kanazawa-u.ac.jp/showcase/papers/
◆Papers of the Month(英語):http://o-fsi.w3.kanazawa-u.ac.jp/en/showcase/papers/
◆EurekAlert:https://eurekalert.org/pub_releases/2019-11/ku-nco111019.php

2編の研究成果論文が、掲載受理されました。

Mega Christivana, Masao Obata, and Tatsuki Oda, Noncollinear magnetic structure with spin- dependent van der Waals density functional approach: beta-phase solid oxygen, J. Phys. Soc. Jpn., 88, 104601 (2019), DOI: https://journals.jps.jp/doi/10.7566/JPSJ.88.104601

Muftah Al-Mahdawi, Mohamed Belmoubarik, Masao Obata, Daiki Yoshikawa, Hideyuki Sato, Tomohiro Nozaki, Tatsuki Oda, and Masashi Sahashi, Large nonvolatile control of magnetic anisotropy in CoPt/ZnO magnetic tunnel junctions, Phys. Rev. B, 100, 054423 (2019), DOI: https://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevB.100.054423

4編の研究成果論文が、掲載受理されました。

Tomáš Koubský, P. Sedlák, H. Seiner, Jaroslava Fojtikova, Masao Obata, Tatsuki Oda, and Ladislav Kalvoda, Ab Initio study of martensitic transition in Ni2MnGa, ACTA PHYSICA POLONICA A 134(3) (2018) 804-806. DOI: http://dx.doi.org//10.12693/APhysPolA.134.804

Nurul Ikhsan, Tomosato Kanagawa, Indra Paradede, Daiki Yoshikawa, and Tatsuki Oda, Perpendicular and in-plane magnetic anisotropies in Cr-buffered Fe(x)/MgO interface from first-principles approach, accepted for publication to The Science Reports of Kanazawa University, Accepted on 23 August 2018.

Nurul Ikhsan, Indra Paradede, Tomosato Kanagawa, Daiki Yoshikawa, Masao Obata, and Tatsuki Oda, Fermi level smearing effect in the perpendicular interfac Fe/MgO magnetic anisotropy, accepted for publication to The Science Reports of Kanazawa University, Accepted on 28 August 2018.

Tatsuki Oda, Indra Paradede, Tomosato Kanagawa, Nurul Ikhsan, Daiki Yoshikawa, and Masao Obata, Shape Magnetic Anisotropy from Spin Density in Nanoscale Slab Systems, IEEE Transactions on Magnetics, Accepted on 29 August 2018, DOI: https://doi.org/10.1109/TMAG.2018.2868843

インドラ パルデデ君の研究成果(MRAMメモリ材料に対する磁気異方性エネルギーと電界効果研究)論文が、IEEE Transactions on Magneticsに掲載されました。

金沢大学数物科学系計算科学コースが中心となり、国際研究会(IWCS2017)を開催しました。小田研究室からは、2月15日にヌルルイクサン君、船戸陽友君、ハサンアルラシード君、金川朋賢君、2月16日には、小田竜樹教授、2月17日には小幡正雄博士ら6名が講演しました。

中野博斗君(2016年M2修了)、加藤春紀君(2013年M2修了)、荒木篤志君(2011年M2修了)らが長年に渡って研究を続けてきた研究成果が、物理学分野で世界的に最も権威ある学術論文誌の1つであるフィジカルレヴューレターズに発表されました。
DOI: http://dx.doi.org/10.1103/PhysRevLett.117.016803

小田グループは、金沢大学と国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の契約に基づく、「計算科学を用いた電圧スピントロニクス材料の開発」に関する研究(研究期間H28年4月-H30年3月末(予定))を開始しました。




吉崎亨君(2010年修士修了)が作成した遺伝的アルゴリズムの計算コードを使った研究成果(高圧下高温超伝導体HxSの研究)論文が、Scientific Reportsに掲載されました。 計算コードは結晶構造探索に活用されました。






更新情報

ページトップへ